キワニスクラブとは


■スローガン

Seving the Children of the World.
(世界の子ども達に奉仕しよう)
 
1915(大正4)年1月21日、米国ミシガン州デトロイト市で設立されました。ロータリークラブやライオンズクラブに並ぶ「世界三大奉仕団体」のひとつで、自分の地域を良くしようとする人々の集まりです。
現在90ヶ国に約8000クラブがあり、会員約26万人が国際キワニスを構成しています。また青少年等を構成員とするサークルKやキークラブ等の「Kファミリー」の会員も合わせると約60万人に上る大きな組織で、キワニスクラブの本部は米国インディアナポリスにあります。
キワニスは社会奉仕活動を行う組織であり、社交団体でも、政治団体でもありません。
 

■キワニスの名前の由来

デトロイト周辺に住んでいたアメリカン・インディアンの言葉
「Nun-Kee-Wan-is(みんないっしょに集まる)」が語源です。

キワニスの目的


  • 人生の物質的な価値より、むしろ人道的、精神的価値を重くみること。
  • 全ての人間関係において、黄金律に従う日常生活を奨励すること。
  • 社会生活、実業界、専門職域に、より高度な水準を採択し、適用するように推進すること。
  • 規範・模範によって、より一層知的、進取的、奉仕的な市民性を開発すること。
  • キワニスクラブを通じて、恒久的な友情を形成し、愛他的奉仕を実行し、より良き社会を建設するための実際的な手段を提供すること。
  • 公正、正義、愛国心、善意などを増進させることができる健全な世論と、高い理想主義を創造し、維持するように協力すること。