会長挨拶


キワニスクラブは、子どもたちを支援する活動などを行う奉仕団体で、ライオンズクラブ、ロータリークラブと共に世界三大奉仕団体の一つです。キワニスとはデトロイト周辺の先住民の言葉で「Nun-Kee-wanis」(皆一緒に集まる)に由来するそうで、約100年前(1915年)に米国デトロイトで設立されました。米国に本部があり、世界85カ国に約7300のクラブと約20万人の会員がいます。日本では約50年前に発足し、会員数は約2000名です。
 
徳島キワニスクラブは、2016年12月9日に設立され、2017年2月18日の認証式において、日本で37番目の支部として国際キワニスから正式に認められました。幸いに発足時から会員が増え続け、現在は50名を超えました。徳島支部の特徴は、他のクラブと比較し女性の組織率が高く(67%)、会員数の伸び率も高いことです。これは高橋信子副会長をはじめとする女性幹部の献身的な活動とクラブ会員間の雰囲気の良さによると思います。
 
毎月1回の役員会と例会で活動計画を練り、方針の決定を行います。例会では、講話などで知識を深めると同時に、会員間の良好な交流と信頼関係を構築しています。また他県のクラブを訪問して友好をはかることや、阿波踊りに他県を招待し、合同例会など他クラブとの交流もはかっています。
 
キワニスクラブ共通の慈善活動のひとつにキワニスドールという人形を作成し、入院している子ども達を訪問し寄付する活動があります。徳島クラブでも、近隣の高松や西宮クラブにおいて人形作りを見学し指導を受けた後に、会員有志が定期的に集合しキワニスドール作成に励んでいます。既に多くのドールが完成し、これまでに病院や看護専門学校へ200体以上のドールを寄贈いたしました。今後も各支援機関や小児医療センターに定期的に寄贈を続けて参ります。
 
徳島キワニスクラブは、会員の友好をはかり、徳島から地元や世界の子ども達を支援する活動を通して社会奉仕を行う、有意義で楽しいクラブですので、皆さま気軽に入会下さい。
 

徳島キワニスクラブ会長  永廣 信治
徳島キワニスクラブ会長
永廣 信治

徳島キワニスクラブについて


設立

2016年(平成28年)12月9日 設立総会

2017年(平成29年)2月18日 認証状授与式

会員数

50名 2018(平成30)年11月現在

例会場

徳島グランヴィリオホテル(徳島市万代町3丁目5-1)

例会日

第3木曜日 19:00〜21:00

委員会

プログラム委員会、キワニスドール委員会、レクレーション委員会、看板プロジェクト委員会、広報委員会

会費

入会金:2万円

年会費 法人会員:12万円

個人会員:6万円

入会受付:随時募集中

役員一覧


徳島キワニスクラブ役員
2018年10月1日~2019年9月30日

 

会長

永廣 信治(徳島大学病院)

副会長

高橋 信子((株)高橋ふとん店)

副会長

岡田 理絵(徳島県議会議員)

副会長

齋藤 智彦(徳島市議会議員)

事務局長

平田 真弓(神戸女子大学)

財務担当

今井 加奈子(クラシコ)

会計幹事

平田 雅男(徳島文理大学講師)

会計幹事

米澤 明良((有)郡茂薬局)

お問い合わせ


事務局

〒770-8011

徳島市論田町本浦下24-10

TEL

090-5275-4478(平田真弓)

E-MAIL

tokushima@japankiwanis.or.jp